読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書の日記

読書の備忘録です。いろんな本を読みます。ぼちぼちやるので見ていってください。

2.〜14. ひとくち感想

生きてるうちにさよならを 吉村達也

短いのですぐ読める。またオチを含めて満足できる内容。誰かに宛てた形式で書かれている本を読んだのは初めてだったが、読みやすい。

 

凍りのくじら 辻村深月

スリードかと思った部分は最後にはなるほど!!読後感は爽やか。初辻村深月の本としてはまた読みたいと思えるものだった。

 

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ 辻村深月

田舎の男女ってこんな感じなのか〜という感じ。上京してきた人が見るともっと入り込めたのかもしれない。お母さんは偉大。

 

ふがいない僕は空を見た 窪美澄

1人1人が救われなく、ちょっともやもや。ヒロイン!?おばさんだけどの夫家族がすごいやだ。

 

神様ゲーム 麻耶雄嵩

最後が意味わからん。なんとか大賞とってただけに残念。中学生向けかと思ったら父ちゃんがヘビーな性癖。どの世代を対象にしたのだろう。

 

愚行録  貫井徳郎

一般的に見ると幸せそうな家庭。どんどん話が進むにつれて、この奥さんおかしくないか?と本に読まされていく。記者の人との会話形式で話が進んでいき、びっくりのラスト。面白かった。

 

ヒア・カムズ・ザ・サン 有川浩

同じ設定で全然違う話が書ける。ifよりも正規ルートの話の方が好き。少ない情報で話を膨らませていく。小説家って凄い!となる作品。キングダムの作者も王騎の書かれているのが一文だったにもかかわらずあれだけ話を膨らませてる!凄い!

 

すぐ感情的になる人  片田珠美

自分が軽度の?ADHDではないかと疑った。怒ることは必要だけど、爆発はダメだね。まあ多くの人に少しは当てはまるようなことが書かれてた。

 

十字架 重松清

小中高生の教科書にも載るだけあって、やはりその年代の心理描写とかが抜群。卓越。話は重いし、大人になるまでが書かれているからどの代にもおすすめ。

 

夜のピクニック 恩田陸

途中で仲直りするんだろうなあと思って進むけれど、話の進み方が最後まで飽きさせなかった。すっきりする。

 

午前0時の忘れ物 赤川次郎

ミステリーのイメージがあった(これ以外読んだことないけれど)のに、ほっこりしそうな裏表紙だったので購入。読んでみてほっこり。ただ同名の子はかわいそうだった。

 

命売ります  三島由紀夫

初めて読んだ三島由紀夫。命を軽く見たプレイボーイが結局命を惜しむ話。途中から冒険してるところはなんかなあ、と思った。命を売っていく様は厭世観が漂ってて初めましての感じだった。

 

人間失格 太宰治

彼の自伝としての面もある人間失格。才能がある人が酒と女に溺れていく様。人を一番恐ろしいものとして見れないけれど、なんとなくわかるなあと思うところもあったり。周りに対しての感受性が豊かすぎたのかな。

 

ひとくち感想は結構内容うろ覚えです。

ちょこちょこひとくち感想を消化しながら、今読んでいる本も更新していきます!