読書の日記

読書の備忘録です。いろんな本を読みます。ぼちぼちやるので見ていってください。

77.プラージュ 誉田哲也

77.プラージュ 誉田哲也

 

なんかの本に挟まってた新刊情報をみてたら、武士道シリーズの著者でなにやら面白そうなあらすじだったため、購入。

 

本作は社会のマイノリティに対するイメージについての話が根幹にあったと思う。

前科者たちの拠り所のシェアハウスである「プラージュ」に、運悪く(と言っても犯罪は犯罪であるが)1度目の覚せい剤使用で捕まった主人公が入居する。

そのシェアハウスのなかには殺人を犯したものも、いた。

主人公の罪は誰かに迷惑をかけたものではなく、またどこにでもいそうな(これもまたイメージではあるが)人物であるので、殺人を犯したことのある人の話を聞き、驚き、恐怖する。

これは、当たり前の反応だと思う。私もまだ前科者と会ったことはないが、もしそんな罪を告白されたら手に負えないほどの気性の持ち主であるとか、色メガネで見てしまう。これは罪に限った話ではない。初めて仕事で出会った人がだらしのない格好であればだらしのない人なのか、と印象付けられ相当長い年月を積まなければ、もしくは次に会うときに真逆の印象を与えなければ、だらしない人というレッテルは剥がせないだろう。

つまり人は瞬間を切り取り、イメージをしたうえでその人を見ている。殺人を犯した、となれば自分の中の殺人者像をその人にそのまま当て込む。

こと本著の日本においてはそれが社会全体でなされていると書かれている。

前科者の社会復帰はむずかしく、許しがたいとされる。特に今、匿名でなにかを叫ぶことは容易にできるため、誰もが批判者になれる。真に正義感ややるせない気持ちから誰かを、何かを批判している人は少ないように思う。

 

誰もかれもが違う1人の人である中で、1人ひとりをしっかり自分の目で判断するということをしないで、イメージという簡略化されたもので見ていないだろうか、と考えさせられる話だった。

 

プラージュは境の曖昧な波際をさすと本著にあり、現実と本著は曖昧ではあるが繋がっている、もしかしたらあるかもしれない世界なのかもしれない。

 

また内容も非常に面白く、「人」がしっかりと描かれる作風の誉田哲也さんはお気に入りです。