読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書の日記

読書の備忘録です。いろんな本を読みます。ぼちぼちやるので見ていってください。

53.その女アレックス ピエール・ルメートル

53.その女アレックス ピエール・ルメートル

 

友達に勧められて読みました。やっぱり和訳された本ってちょっと読みづらいというか見慣れない言い回しが多いかな、という感じ。

 

アレックスはヴェルーヴェン警部シリーズの2作目ということで、、、。はやくイレーヌが見たい。しかし、若干ネタばれを食らっている状態。まあ読むけど。

 

さて、順序を間違えて読んでしまった訳ですがその女アレックスどうだったかというと、なかなか内容がきついです。グロ耐性があまりないため、すすすって読んだところがありました。

 

1部2部がヴェルーヴェン警部たちも読者もよくわからないまま(アレックスの行動も見える分、事件の理解は読者の方が高い)進む。3部は解決編のようなもので、事件の理解は警部らの方が高く、どんどん彼らが真相を暴いていくのを理解する、といった感じでした。

 

3部は特に読むのがきつかった。これアレックスだけの問題ちゃうやんな〜て思いながら読み進めました。

 

ヴェルーヴェン、アルマン、ルイ、ジャンら警官たちの気を遣いあった会話や彼らの欠点はどこにでもありそうなところ(本の主人公たち一行でこんなあんまりよくない性格の方をおしだしているの初めて見た)、自分たちの正義を貫く(それが世間的な正義かどうかは問わない)ところは綺麗にまとまってる綺麗ごとのお話しとは違うなと思った。

綺麗にまとまってるって、とても有能ないいチーム、みんないい性格、気なんか使わなくても心が通じてる感、みたいないいところしかなくて、悪を倒すよ!みたいな。まんまこんな話はないだろうけど、なんかそんな感じのあるよね。

 

 

悲しみのイレーヌ、はやく読んでみたいですね。