読書の日記

読書の備忘録です。いろんな本を読みます。ぼちぼちやるので見ていってください。

67.武士道シックスティーン 誉田哲也

67.武士道シックスティーン 誉田哲也

 

勧められて読んだけど、ハイテンポだし読みやすい。その中で考えることが沢山あった。

そしてこれがまだ武士道の序章であることが楽しみ、つづきが。

 

香織の師のように幼少期から師事している人がいるとその人を否定されたくない、その人が正しいって有無を言わせず信じてしまうところがあると思う。だからこそ、責任のある親以外は、例えば先生など、身近になる大人は担任という制度によってコロコロ変わっていくのだと思った。一つのことを信じ続けることは盲信に繋がるし、比較をして他を否定することにも繋がる。これって結構危ないことだと思う。日常生活に意外に潜んでいる。武術は部活にないことが多く、長くそのクラブに通うことが多くて、心の成長を促すものでもあるから、意外にこういう人いるのではないかと思う(というか友達にいた。大学時代の教授にそれは洗脳だよとスパッと言い切られた人が。)。

香織はよくそこから考え方を変えられたなと思う。本書冒頭の香織なんて見れたもんじゃないくらい癪に触るし。

考え方って変えたいと思ってもそうそう変わらないものだと思っているので、ちょっとつまづいてよく考えたら、考え方変わりました!っていうのはちょっと考えられないなと思った。

香織はなまじ結果を残していたぶん、勝つことに執着していることはわかるが、その根底にそれそのものが好き、という感覚なくしてよくやってこれたなって思う。ほとんどの人って好きが強いからやってない?って思ってしまう。

まあこれがこれから形成される武士道の序章と考えれば、ストーリーの進め方やスピード感も好きなので、とても気になるし早く読みたい。

 

早苗の勝ち負けがあまり好きではない、って気持ちはあまり共感できないんだけど、性格やらがただいいだけじゃなくていい性格してるなと思った。

自分はどちらかというと香織派で、勝ち負けを他者に求めて、何かを論じるときも優位性を主張しがちなんだけど、なんとか早苗の感じに持っていきたいとずーっと思っているんですよね。ただ譲らない時や、アルコールの入っている時とか、てんで駄目ですね。

ちょっと違うかもしれないけど孫子も他人が見えないところで結果を出すことがすごいことだ、みたいなことを言っている通り、勝ち負けを求める相手は自分である方が健全だと思うのですよね。ただそれは顕在化しないから、しっかりと今の自分を見れていないと不安になってしまったり迷子になってしまう。だから結果の明確な相手を設定して勝ち負けの手段として扱っているんだろうなと思いました。

 

とりあえず、セブンティーン、エイティーンが楽しみです。

 

 

66.ブータン、これでいいのだ 御手洗瑞子

66.ブータン、これでいいのだ 御手洗瑞子

 

僕は、伊坂幸太郎著の「アヒルと鴨のコインロッカー」でブータンに興味が湧いた。アヒルと鴨のコインロッカーに出てくるブータン人のドルジがとても魅力的なキャラクターであり、日本人と顔が似ている国、ブータン。最近、ワンチュク国王が来日したのもあり、幸福の国として取り上げられるブータンという国を知りたくなった。

 

どのような経緯でこの本を買おうと思ったのか、見つけたのか記憶が定かではないがすぐにamazonで注文した。

 

本書の作者は初代首相フェローとしてブータンに渡った。テレビや言葉でしか知ることのないブータンの生を、良いところも悪いところも伝えてくれた。

 

僕が特に驚いたのは主に3点。ここに記さないことも様々書いてあるのでこの3点だけを見て気になったら読んでみると良いと思う。

 

1つ目は時間について。ブータン人の時間は今があるだけなのだ。この言葉だけではよくわからない。では、日本人の時間感覚はというと、抽象的なモノサシである。これから先ずっと続く中での一点が今であり、それは人にもよるが80前後まで途切れることのないもの、という感覚だと思う。途切れることがないからカレンダーを用い、手帳に予定を書き込む。それはこれから先も長く続くことを想定して作られるし、書かれる。ブータン人に戻るが、ブータン人にとっての時間とは感触のある今なのかもしれない、と紹介されている。

 

予定があると、特にたくさん詰め込まれている場合は予定を消化することが目的になってしまいがちだし、先があるとわかっていると、今を全力で楽しめない場合があるのかなと思った。もちろん、予定を立てないと日本ではやっていけないし、予定を立てないことが絶対いいとは全然思わない。ブータンでも会議の予定などはみんながいる頃を見計らって、会議するよ〜と声をかけるらしい。とても非効率なことだと思う。ただ、先が見えるということは、期待も先に伸ばせてしまうので「今を生きる」ということは学びたいと思った。

 

2つ目はインドとの関係。ブータンの歳入の2割はインド政府からの援助なのだ。そして病院や学校(ブータンは医療費教育費が無料)の多くもインド政府の支援で建てられている。最大産業の水力発電もインド政府との買取契約に頼っている状態。つまり、インドの支援無しにブータンは成り立たないと言っても過言ではない。このようなことや文化の違いも相まり、インド人の目が傲慢に見えることがあるらしい。礼節を重んじるブータン人からすると粗野な行動に見えるらしい。支援する側、される側という関係があるから余計にそう感じるのかもしれない。

しかし、問題はこちらだ。ブータンの一人当たりのGDPとインドの一人当たりのGDPを比べると2000ドル程度ブータンが上回っている。そのことから、インドの労働者を低賃金で雇い、トイレ清掃業や建設業にあてる。ブータン人は慈悲深く知らない人にも親切に応対してくれる、しかしことインド人においては口を紡ぐらしい。思いやりの深いと言われるブータン人、その思いやりの範囲にインド人が入らないことを筆者も複雑な気持ちだ、と述べている。

 

支援する側、される側という立場にありながらGDPはインドの方が低く、ブータンに出稼ぎにくるインド人はブータン人の思いやりの深さを知らない。一面のみ捉えれば、日本人の視点ならば親切で幸せな国、ではインドから見たブータンはただの小国で終わるのだろうか。ブータンで働いているインド人、インドに住んでいるインド人のブータンへの印象も聞いてみたいと思った。

 

 

この感想文を始めてから一番長いのではないかと思う。まだみぬ国への興味がこれほどある自分に驚いている。またそれを知らせたいと思っている自分にも。言葉の表層や、よく知りもしないで悪口言ったり、馬鹿にしたりするのがきらいだった。しかしこのブータン、これでいいのだを読んでいい意味に捉えていた幸せの国のありのままを見せられて自分もベクトルは違うが同じなのだと思った。

 

もう少し、続きます。

 

3つ目は幸せになること、幸せの国とは。ちょっと上二つが長すぎて、飽きてきたと思うのでとても簡潔に書きます。

ブータン仏教国です。また輪廻転生が信じられています。そしてブータンはお葬式での祈りの時、そのお祈りは死者のためのものではないのです。では、誰のために祈るのかというと、生きとし生けるものすべてのために。輪廻転生で皆がつながっているため、遺された人たちのために。遺された人たちが悲しみから救われて前を向いて歩いていけるように。だそうです。

日本では絵馬や神社でお祈りするとき、ほとんどは個人的で世俗的なものです。現世がすべて、と考えているから取り返しがつかない気がしてつらくなる。

またブータンでは幸せとはなにか、という問いに家族や友人が幸せで、一緒に居られること。と答えた方がいるそうです。他の人に聞いても似たような回答で、日本人にとってはたいそうな悩みでもブータン人はそれをおくびにも出さない。

ブータン人は幸せだと感じる範囲が広く(家族や友人たちの幸せ)そのため、幸せを感じやすいのかもしれません。

そしてGNH(国民総幸福量)コミッションの長官は自分が幸せになりたいのなら、他人の幸せを願って、そのために何かをすることが大切だ。自分の幸せを探していても、それは見つからない。と言ったそうです。私たちが幸せの国のブータンに行く理由は自分の幸せのためなのではないだろうか。それでは本末転倒になってしまう。そんなでは本当の幸せは見つからないことをブータン人は知っている。

 

全然簡潔ではないですね、、、。ブータンの幸せ観は全てを取り入れたいくらい(私は仏教徒ではないですが)だった。もちろんブータンという小国を維持、繁栄するにはまだまだ問題がある。それでも楽観的に、みんなの幸せを願いそれが叶っていることが自分の幸せであると感じられるブータン人をとてもいいなと思う。まさに「足るを知る」という言葉がぴったりだと。とりあえず自分の特に驚いたところ感銘を受けたところ3つをざっくり説明、感想を述べましたがもしこれに興味を持って、本書を手にとってもらえれば幸いです。

 

 

 

65.みかづき 森絵都

65.みかづき 森絵都

 

ランキングをつけるのは忍びないが本書は間違いなく、今まで読んだ本の中でno.1のクオリティでした。

 

あまり行かない駅の本屋さんで、本屋大賞2位!塾講師の話!みたいなキャッチコピーで自身が教育関係に携わったこともあり、購入。普段はとても世間に広まっている本は手に取りづらいのだが、少し自分に関わりのある話だったので、買った。

 

大島吾郎という、人物はとても教えることがうまかった。しかし大学まで通えず、小学校の用務員を経て、赤坂千明に見初められ、結婚をし敗戦後の塾業界を創っていく。

 

赤坂千明は自身が受けた尊皇教育から公教育を万歳太郎と揶揄しとても嫌っていた。また公教育も、受験競争を産業と化すことに嫌悪を抱いていた。

 

公教育の足りない部分を補う形で始めた塾は、前進の寺子屋とはうってかわり、いかがわしいもの、怪しいものと受け取られていた。しかし、大島吾郎の生徒への献身が身を結び、知名度は上がっていく。

 

吾郎は塾の規模を広げることをよしとはしなかった。一人ひとりをしっかり見れる限界があるからだ。また、娘たちとの時間をしっかり取れなくなる懸念もあった。

 

対して千明は規模の拡大は周りの私塾や大手への牽制として必要不可欠だと考えていた。千明の圧に屈した吾郎は理事長となり、千明は経営を支える頭脳として機能した。

 

そして、規模が膨れ上がり吾郎が不安を抱いていた時、理事長の座を千明は奪い、めきめきと規模を拡大していった。

 

吾郎と血縁のない娘の蕗子は、母の反対を押し切り、教師となる道を選ぶ。母の発言への疑問と今ある現状でなんとかしたいという思いから教師を選んだ。

 

娘の蘭は千明に似て、直接的な物言いをし幼少期は母の意見に賛同していたが、途中で独立をする。が、それも千明の経営する塾を継ぐために力をつける意図があった。自身にも他人にもストイックで、見た目重視がこれからはうけると踏み、独立したが講師の不貞により、失敗をする。

 

末子の菜々美は自由すぎるほど自由に生きた。長女次女ともに向かう方向は違えど真面目だったために、勉強面では奮わなかった。しかし、受験期に理事長を降ろされた吾郎にいろいろな世界を見せてやる、と言われしっかり高校を卒業し、留学する。のちに蕗子の息子の一郎の手助けをする。

 

最後に蕗子の息子の一郎は教育に携わろうとはしなかった。しかし弁当配達をする中で団地にいる子供達に勉強を教える。そして、その中で自身にできることを考える。そして非営利団体を立ち上げようと考える。菜々美や支援をしてくれるビルのオーナー、また目的は違えど賛同してくれる仲間たちに支えられながら成功を修める。

 

そして、一郎と彼女?の阿里をみて昔の大島吾郎と赤坂千明の影を見る。教育の形は違えど、彼らの中に昔の自分たちと似たようなものを感じたのであった。

 

 

私自身、教育に関して問題意識があって、大島家の一人一人の教育観をストーリーの中でしっかりと見れて自分も色々と考えながら読み進めた。戦後の大島夫妻の作った塾と一郎の作った無償塾は既存のものではないという共通点があり、いつの時代も新しい月がでてくるのを待つもしくはなるのだろう。自身の教育観や指導方法と照らし合わせながら読めるし、ストーリーとしても満足できるものだった。本当に、本書を読めてよかった。

 

 

64.キャプテンサンダーボルト 伊坂幸太郎 阿部和重

64.キャプテンサンダーボルト 伊坂幸太郎 阿部和重

 

完全合作。そう耳にした時、2人の文体が合っていて、方向性も全く同じに作品を作っていくことなんかできるのか?と思っていた。阿部和重は友人に文に癖がある、割りと読みづらいと聞いていたので中々不安だった。

 

そして買う前に評価を見てみると、なんと2015年本屋大賞8位。伊坂幸太郎著のアイネクライネナハトムジークは9位と高評価だった。そして、購入。

 

読んでみると読みづらく、ない。単行本は最近買い始めていて、まだあの厚いカバーと大きさに慣れていないがそれでもペラペラと次項をめくる手が止まらなかった。

 

内容はザ・伊坂幸太郎という感じ。どうやっても抗いようのない事象、人、権力に対抗し散りばめられた伏線を回収しながらなんとか生き延びるといった快活劇だ。本書は問題を解決したのち、井ノ原も相葉も誰もがわかるハッピーエンドに終わり、そこが少し違うところだった。自身は内容に含みをもたせて終わる終わり方はあまり好みではないので、とてもよかった。

 

最終局面でメンターをやっつけるところとか、9.5章の日本の生物兵器実験場を破壊しにきたオーエンたちと現在の相葉と井ノ原がリンクしているところとか、とてもよかった。

 

 

阿部和重は読んだことがなく、アメリカの夜を勧められ、ネットをみてニッポニアニッポンが面白そうと思い、注文しようとしたら絶版だった。amazonにはしっかり中古があったので買いたい。amazonに感謝。大江健三郎のわれらの時代も絶版で、5年、10年前は神保町の古本屋街に行ったりして、手に入れなければならなかったのかと思うと本読み初心者としてはとてもありがたい時代だ。古本屋街もぶらぶら一日中歩いてみたい。

 

 

63.僕は愛を証明しようと思う。 藤沢数希

63.僕は愛を証明しようと思う。 藤沢数希

 

愛の証明ってなんだ?と思って読んでみた。

トーリーは非モテの主人公がある人に出会って人生が変わるというものだった。ナンパの理論が数多く書いてあり、ためになる?実践してみたくなるものが多くて面白かった。ことあるごとに、用語を出して復習させてくれるのもよかった。

 

多分、心理学の応用みたいなものを真面目に実行して確立したのだと思う。ナンパという言葉や、セックスをするという直接的な表現ははしたない!や女の敵!のように言葉を表面的に捉えてしまう人が多いと思う。本書を読む限り、こと恋愛工学なるものは女性を蔑んだり、セックスの道具として使っているわけではない。もちろん、その技術を悪用し、自分本位にことを進めたがる人もいるだろうが、長くは続かない、はずだ。恋愛への成功確率をあげたいと思っている人にはおすすめ。

 

上記で、ナンパやセックスは言葉の表層のみを捉えていて、非難するといった傾向があると書いた。しかし、テレビドラマとかを見てみると結構そういうの多くない?というのが率直な感想。あまりテレビを見ないからかもしれないが。

 

嫉妬や僻みからただ叩くだけの人もいると思うし、マイナスな感情からは何も生まれないよと思うわけですよ。本当に、倫理観に反していて、もう頭にきた、抗議してやる、と思っている人はどれだけいるのだろう。もう少し冷静になって、自分の楽しいことやろうよと。

 

話は逸れましたが、結構いい本だと思います。主人公がナンパに溺れて身を破滅させ、傷心旅行をしている出先に運命の人に出会えた。で、運命の人に出会うにはやっぱり数多くの女性にあってなきゃ、この人だ!とはわからないわけで。

まとまり悪いですが、終わりです。

62.もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 岩崎夏海

62.もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら  岩崎夏海

 

 

本書はマーケティングを知らない、私たちと同じ土俵から始まる。まずみなみは売り手(買い手でもあるが)、働く人つまり部員の競争、結果、責任を促すことによって組織改善をした。それは言葉にすれば簡単であるが個人の想いを一人一人に聞くのはとても骨の折れることであったと思う。また、そこから練習内容の改変や土台となる目標を据え組織を活発にさせた。5章では世間、買い手にあたる学校に貢献できないかを考え他の部活の活性を促した。また、素行不良の生徒に目を向けやりがいを学校という社会に見出させようとした。それは組織活性に必要不可欠であったし、社会の問題解決にもつながった。ここれらの成功はみなみがマネジメントを読み、真摯さについて感銘を覚えたことが成功要因になったと考えられる。また真摯に人に向き合うことが野球部に関わる人たちが意識を改善するに至った要因なのだと感じた。

 

次にイノベーションについて。イノベーションは古いもの、陳腐化したものを計画的かつ体系的に捨てることと書いてあった。行ったイノベーションは大きく分けて二つだ。一つ目は野球のある種凝り固まった考え、だった。こちらは野球のことを詳しく知らないのでどれほど革新的なことなのかわからない。しかし古いものを捨てることによってより明確な目標が出来、練習内容の充足につながった。そして二つ目は正義の提案した他の部との合同練習だ。教えることは自分がただわかっている状態よりもさらに深い理解が必要になる。

 

6章のイノベーションに取り組んだではとても興味深い記述があった。P183のマネジメントの引用部分だ。あらゆる組織が事なかれ主義の誘惑にさらされる、弱みがないことを評価してはならない、とあり現在の日本の報道を見ると失敗を叩きつくすという印象を受ける。これは自身を、組織を矮小にするものではないだろうか、その報道は見ている人の自尊心を膨らますことはあれど良い方に転じることはないのではないかと感じる。そしてそれらを見てきた人は失敗ばかりを恐れるマネジメントで書かれている下らない人間、を量産するのではないか。もちろん、失言や不正はしてはいけない。しかし報道とは世間に知らせる良い方法であるのになぜ成功体験を知らせるといったことはほとんど報道されないことを疑問に思う。日本という社会全てに良い結果をもたらすかもしれないものであるのであれば報道はしたほうがいいに決まっている。相互に良い影響を及ぼすことが良いサイクルを生むと理解はしたが現状日本はできてないことが多いのではないかと思う。

残りの三ヶ月となって、怒濤の練習、矢の如く過ぎ去る日々、そして優勝までのサクセスストーリーと思っていたら夕妃が亡くなるなんて、思わなかった。その後のみなみの立ち直りの早さにびっくりした。お話の面でもマネジメントを学ぶきっかけという面でも役に立つ本だと思う。

温故知新、これがマーケティングイノベーションを起こすのに必要な要素であると感じたのでより多くの人にこの本を読んでもらいたいと思った。

61.傷だらけのカミーユ ピエール・ルメートル

61.傷だらけのカミーユ ピエール・ルメートル

 

カミーユ・ヴェルーヴェン警部三部作の最後。

悲しみのイレーヌ、その女アレックス、の次の作品。

 

全部鬱エンド。救いがなかった。もう傷だらけのカミーユて題名を見ただけで、これ以上カミーユを傷つけないでくれ!って感じ。笑

 

そして、登場人物紹介。これなかなかのネタバレになってしまう。というか予想がついてしまう。確かに人数多いけど、ここ見ちゃうとなんか展開が読めるというか。なので登場人物は前ニ部を読んでいる人は見ないほうがいいです。

 

さて、本作はその女アレックスの翌年の時間だと書かれている。イレーヌの影はなくならないものも、鬱を克服し現場に戻ってきたカミーユ。そしてその間に芽生えたアンヌとの恋情。

 

今回は初っ端から恋人?のアンヌが宝石強盗に襲われます。そしてカミーユは暴走します。イレーヌの時の反省が生かせてない。独断で行動するし、嘘をつく。今後、警察としてはいられなくなるくらい嘘をつき、状況を隠し、自分で調べる。もうこの時点でああ、バッドエンドやと思いました。

 

人のために自分を犠牲にするという行為をしたアンヌとアフネル。彼らの犠牲は守るべきものへの自己愛より強いものだった。だからカミーユはアンヌを許した。

 

カミーユは最後に母を恋しく思う。カミーユは母からもらえなかった無償の愛を確認したかった。それが体にも現れているカミーユは尚のこと。身を犠牲にしてまで守られる、大切にされるという経験がそう思われていることがカミーユにはなかった。

 

途中のカミーユの暴走には同じ失敗繰り返そうとしてるなと感じた。最終局面に近づくにつれてカミーユは冷静さを取り戻していた。過去を清算して、カミーユはどこへ向かうのか。最後まで救われなかったなあと。

 

その女アレックスにアンヌが出ていると訳者あとがきに書いてあったが、覚えていない。読み直そうと思う。